平成29年度 管内救急隊員研修会(外国語対応)を実施

2020年東京五輪が開催されるにあたり、当消防本部管内に往来する外国人等の傷病者に対して、言語の障害を克服し、救急隊員の迅速的確な救急対応能力の向上を目的として、平成30年1月15日に六ヶ所村国際教育研修センターにて『平成29年度 管内救急隊員研修会』を実施しました。

研修会では、六ヶ所村国際教育研修センターの講師4名が119番通報時、救急現場での聴取事項、注意点を臨場感あふれる内容で英語と日本語を交えながら、分かり易く指導していただき救急隊員26名が理解を深めました。

 

 IMG_3335 IMG_3343
 IMG_3349  IMG_3350
 IMG_3372  IMG_3351

まちなかハートステーションに新しく仲間が加わりました。

平成16年から、一般市民によるAED(自動体外式除細動器)の使用が認められ、AEDは公的機関や、民間施設にも設置されています。

これらのうち、「応急救護体制」が整った事業所等を『まちなかハートステーション』に認定し、地域住民の救命率の向上を目指します。

この度、野辺地町にある若葉小学校(小林真也校長)、野辺地小学校(高田誠校長)が新たに認定されました。

平成30年1月24日現在では、11箇所が認定をされています。

若葉小学校

若葉小学校

 

野辺地小学校

野辺地小学校

青森県防災航空隊と合同訓練を実施しました

管内の林野火災等に対し、迅速で確実な消火活動体制並びに安全で円滑に運航できるよう連携強化の確立を目的として青森県防災航空隊と合同で空中消火訓練を実施しました。

訓練当日は天候にも恵まれ、防災ヘリの活動に理解を深めました。

IMG_2948 IMG_2951 IMG_2952 IMG_2961 IMG_2962 IMG_2965

平成29年度 管内救助技術訓練が行われました

管内における救助事案を想定し、救助活動等の訓練を実施することにより、署々間の相互の連携強化、実戦に即した消防活動技術の向上、高揚を図ることを目的とし、平成29年8月24日に六ヶ所村旧尾駮診療所にて「平成29年度 管内救助技術訓練」を実施しました。

約40名の職員が倒壊家屋を見立てた狭隘空間での救助方法、鉄扉の開放要領、エレベーターの開放要領、自動車事故の対応要領等の技術向上に励みました。

IMG_2921 IMG_2932 IMG_2933 IMG_2928 IMG_2937 IMG_2939

平成29年度下北・上十三地区予防担当者会議が開催されました。

平成29年8月25日(金)、当消防本部庁舎内において下北・上十三地区予防担当者会議が開催されました。近隣消防本部である、下北地域広域行政事務組合消防本部・三沢市消防本部・十和田地域広域事務組合消防本部・中部上北広域事業組合消防本部と当消防本部の火災予防担当者が集まり、複雑多様化する予防行政に対し的確に対応し火災予防業務の一層の推進を図るべく、議題を持ち合い議論を重ねました。

  

  

平成29年度むつ小川原地区石油コンビナート特別区域総合防災訓練

平成29年7月12日(水)青森県石油コンビナート等防災計画に基づき、むつ小川原地区石油コンビナート等特別防災区域における各種災害を想定し、防災関係機関が一体となって訓練を実施する事により、災害発生時の防災関係機関相互の連絡協調の確立と災害応急対策における実践的能力を涵養し、もって災害応急対策の迅速化、的確化を図ることを目的とし、「平成29年度むつ小川原地区石油コンビナート等特別防災区域総合防災訓練」が行われました。

本訓練には当消防本部からは約60名、訓練参加機関全体で約300名の参加しました。IMG_2800

 

第46回青森県及び東北地区支部救助技術指導会の出場について

平成29年7月3日に青森県消防学校において、第46回青森県救助技術指導会行われました。この大会は、救助技術の高度化に必要な基本的要素を練磨することを通じて、消防救助活動に不可欠な体力、精神力、技術力を養うとともに、県内の消防救助隊員が一同に会し、競い、学ぶことを通じて、他の模範となる消防救助隊員を育成し消防に寄せる期待に力強く応えることを目的としています。

当消防本部からは11チームが出場し、横浜消防署鳥山チームが種目別で第2位となり、宮城県で行われる東北地区救助技術指導会に青森県代表が決定しました。

7月19日、宮城県総合運動公園「グランディ21」にて行われた第46回東北地区救助技術指導会においては、見事入賞し表彰を受けました。

全国大会出場の夢は叶わなかったものの、今後とも、消防救助技術の向上に、力を入れていきます。応援ありがとうございました。

IMG_2844 IMG_2826

 

 

平成29年度防災講演会が開催されました。

6月9日(金)八戸市津波防災センターにおいて平成29年度防災講演会が開催されました。

この講演会は災害に関する基礎知識を習得することを目的としており、地域防災の防災力の向上に必要な考え方と活動についての講演に、出席した多数の自主防災組織が耳を傾けていました。

平成29年度防災講演会1 平成29年度防災講演会4

平成29年度防災講演会2 平成29年度防災講演会3

平成29年度防災講演会5 平成29年度防災講演会6

平成29年度危険物安全週間の実施について

〇危険物安全週間

平成29年度危険物安全週間推進標語 『 あなたなら 無事故の着地 決められる! 』

実施期間 平成29年6月4日(日)~6月10日(土)までの7日間

〇危険物安全週間の目的

 危険物の保安に対する意識の高揚及び啓発を推進することにより、各事業所における自主保安体制の確立を図り、危険物に起因する災害等の発生を防止することを目的としたものです。危険物施設のみならず、一般家庭におかれましてもガソリン・軽油・灯油などの取り扱いには十分注意しましょう。

平成29年度甲種防火管理新規講習の実施について

 

講習案内データはこちら(PDF)

 

1 講習日時・会場等

講習年月日 会 場 申込み受付期間 定 員
平成29年

7月13日(木)・

14日(金)

野辺地中央公民館

野辺地町字野辺地1-15

(0175-64-3054)

平成29年

5月30日(火)~

6月22日(木)

100名

 

2   講習科目及び時間割

甲種防火管理新規講習課程

時   間 科   目
第1日目

【甲種防火管理新規講習課程】

8:30~8:50(20分) 受付
8:50~9:00(10分) 受講案内等
9:00~11:00(120分) ①防火管理の意義及び制度(1・2)
11:00~12:00(60分) ②火気管理 (1)
12:00~13:00(60分) 昼休み
13:00~14:00(60分) ②火気管理 (2)
14:00~16:00(120分) ③防火管理に係る訓練及び教育(1・2)

 

時   間 科   目
第2日目

【甲種防火管理新規講習課程】

8:30~ 8:50(20分) 受付
9:00~11:00(120分) ④施設及び設備の維持管理(1・2)
11:00~12:00(60分) ⑤防火管理に係る消防計画(1)
12:00~13:00(60分) 昼休み
13:00~14:00(60分) ⑤防火管理に係る消防計画(2)
14:10~14:40(30分) 修了証交付

 

3   受講申し込み方法

(1)受講希望の方は、住所又は勤務先の所在地を管轄する消防署(野辺地消防署・横浜消防署・六ヶ所消防署)、その他の場合は消防本部予防課で所定の受講申込書により申し込み手続きを行ってください。

(2)申し込みに必要な書類等

受講申込書に必要事項を記入し、受講料を添えてお申込みください。

申込書

 住所または勤務先の所在地が野辺地町の方はこちら(Word)
  住所または勤務先の所在地が横浜町の方はこちら(Word)
住所または勤務先の所在地が六ヶ所村の方はこちら(Word)
その他の方(消防本部予防課対応)はこちら(Word)
記入例はこちら(PDF)

(3)受付期間

申込み受付期間の平日午前8時30分から午後5時までです。(土日祝祭日を除く)ただし、定員に達した場合は期限内でも締め切ります。

(4)受付完了後、受講票を交付しますので、受講当日必ず持参してください。

 

4   受講料

4,500円(テキスト代含む)

 

5   修了証の交付

全ての講習科目を受講した方には即日、修了証を交付します。

なお、1科目10分以上の遅刻又は講習の途中で退席したとき等は修了証を交付できませんので注意してください。

 

6   講習科目の一部免除について

(1)消防設備点検資格者講習の課程を修了し、免状の交付を受けている方及び自衛消防業務講習の課程を修了している方(消防法施行規則第4条の2の14に掲げる自衛消防業務新規講習及び自衛消防業務再講習の課程を修了している方のほかに、「消防法施行規則第4条の2の13第3号の規定に基づき、同条第1号及び第2号に掲げる者に準ずる者を定める件」(平成20年消防長告示第14号)第1に定める追加講習の課程を修了している方を含む。)は、講習科目のうち、「防火管理の意義及び制度」(120分)の科目について免除を受けることができます。

(2)上記(1)の講習科目の一部免除を受けようとする方(以下「講習科目一部免除者」という。)は、受講申込書の講習科目一部免除申告欄の免除を受けようとする科目にレ印をし、上記(1)の講習を修了したこと等を証する書類の写しを添付してください。

(3)講習科目一部免除者の1日目の受け付けは、10時30分~10時50分とし、これ以降の時間割については、一般の受講者と同様とします。

 

7   その他

(1)申し込み後に講習を受けることができなくなった場合でも、受講料の払い戻しはできませんので、あらかじめ御了承ください。

(2)駐車場に限りがございますので、なるべく公共交通機関を御利用ください。

(3)講習当日は受講票及び筆記用具を必ず持参してください。

(4)昼食は各自で準備してください。

(5)本講習会についてお尋ねになりたい場合は、消防本部又は各消防署までお問い合わせ下さい。

 

受講申込先 住     所 電話番号
北部上北広域事務組合

消防本部(予防課)

上北郡野辺地町字田狭沢40-9 0175-64-0650
北部上北広域事務組合

野辺地消防署

上北郡野辺地町字田狭沢40-9 0175-64-3126
北部上北広域事務組合

横浜消防署

上北郡横浜町字三保野127-1 0175-78-2119
北部上北広域事務組合

六ヶ所消防署

上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附536-1 0175-72-2301

 

 

会場案内

google地図はこちら

地図案内

 

 

交通案内

野辺地駅より

・徒歩:25分

・バス:10分→野辺地中央より徒歩5分

・車:5分

 

駐車場について

中央公民館前に駐車場はありますが、不足する等ご不便をおかけする場合があります。

 

1 / 3123
このページの一番上へ