令和2年7月豪雨に伴う通電火災対策の徹底について

通電火災対策について情報提供がありましたのでお知らせします。

地域住民及び防火対象物の関係者にあっては、下記の点について留意くださるようお願いいたします。

水害により停電が発生した場合の留意事項

(1)停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱すること。

(2)停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落とすこと。

(3)再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用すること。

(4)建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡すること。

令和2年7月豪雨に伴う通電火災対策の徹底について

 

また、下記の映像資料も活用くださるようお願いいたします。

総務省消防庁防災対策映像作品URL

令和2年度危険物取扱者保安講習の案内について(お知らせ)

令和2年度の危険物取扱者保安講習の日程について、お知らせします。

案内及び申込書は消防本部及び最寄りの消防署で準備しております。

令和2年度険物取扱者保安講習案内

詳しくは消防本部または最寄りの各消防署にお問い合わせください。

消防本部(予防課)  0175-64-0650

野辺地消防署     0175-64-3126

横浜消防署      0175-78-2119

六ヶ所消防署     0175-72-2301

また、新型コロナウイルス感染症への対応等の最新情報は一般社団法人 青森県消防設備保守協会のHPをご確認ください。

一般社団法人青森県消防設備保守協会HP

飛沫防止用のシートに係る火災予防上の留意事項について

今般、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の観点から、レジカウンター等への飛沫防止用シートの設置が増えているところです。

飛沫防止用シートについては、材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、防火対象物の関係者にあっては、下記の点について留意くださるようおねがいします。

飛沫防止用シートを使用する上での留意事項

1.火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものから距離をとること。

2.スプリンクラー設備の散水障害が生じない位置に設置するととともに、自動火災報知設備の感知器の未警戒部分が生じないようにすること。

3.避難の支障とならないよう設置すること。

4.必要に応じて難燃性または不燃性のものの使用を検討すること。

【参考資料】飛沫防止用のシートに係る火災予防上の留意事項について

令和2年度危険物安全週間の実施について

〇危険物安全週間

令和2年度危険物安全週間推進標語 『 訓練で 確かな信頼 積み重ね 』

実施期間 令和2年6月7日(日)~6月13日(土)までの7日間

〇危険物安全週間の目的

 危険物の保安に対する意識の高揚及び啓発を推進することにより、各事業所における自主保安体制の確立を図り、危険物に起因する災害等の発生を防止することを目的としたものです。危険物施設のみならず、一般家庭におかれましてもガソリン・軽油・灯油などの取り扱いには十分注意しましょう。

災害件数について

2020年4月30日現在

火災 救急 救助
 野辺地町  1 156  1
 横浜町  0  68
 六ヶ所村  2 138  2
合計  362  4

一般社団法人青森県消防設備保守協会開催の各種講習について

一般社団法人青森県消防設備保守協会開催の各種講習について、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、7月まで開催予定であった講習について、中止もしくは再度日程を調整することとなりました。

詳細にあっては、別添「令和2年度各種講習実施計画」をご覧ください。

 

消防法施行規則の一部を改正する省令に伴う様式の改正について(令和2年4月1日消防予第62号)

令和2年4月1日消防予第62号において消防法施行規則の一部を改正する省令が4月1日に公布され、公布の日から施行することとなりました。

改正通知の内容はこちら【消防予第62号】「消防法施行規則の一部を改正する省令」等の公布について

新様式にあっては「届出等の様式ダウンロード」内の「消防用設備関係」、「 防火・防災管理関係」となります。

また、改正前の様式にあっては施行日から起算して六ヶ月を経過するまでの間使用することができます。

 

令和2年山火事予防運動実施について

令和2年全国山火事予防運動統一標語 『 守りたい 森と未来を 炎から 』

実施期間 令和2年4月29日(水)~5月6日(水)

 山火事予防運動は、広く住民に山火事予防意識の啓発を図るとともに、予防対策を強化し、森林の保全と地域の安全に資することを目的とし、毎年実施されています。この時季は、ハイカー等の入山者が増え、空気も乾燥しひとたび火災が発生すると延焼拡大する危険性があり予断を許せない状況にあることから、各種広報媒体の活用等により、入山者・地域住民等に対し山火事予防意識の高揚を図る他、警戒巡回を実施し、火災の未然防止、早期発見に努めます。

オーブントースターの安全な使用に関する調査の実施結果について

オーブントースターの安全な使用に関する調査の実施結果について情報提供がありましたのでお知らせします。

詳細にあっては下記資料をご覧ください。

【別添1】調査結果概要版

【別添2】調査結果詳細版

令和2年度上北地区山火事防止宣伝パレードの実施について

広く住民に山火事予防意識の啓発を図るとともに、予防対策を強化し、森林の保全と地域の安全に資することを目的とし、令和2年4月8日に上北地区山火事防止宣伝パレードを実施いたしました。

P1080062 パレード2

1 / 812345...最後 »
このページの一番上へ