災害件数について

2021年11月24日現在

火災 救急 救助
 野辺地町 6 416 4
 横浜町 158 3
 六ヶ所村 3 339 7
合計 10 913 14

※熱中症搬送は救急件数の内数となっております。

病院照会の電話番号について

病院照会の電話番号について、リンク集に掲載しました。

 

熱中症予防強化について

熱中症警戒アラートについて

環境省・気象庁が新たに提供する暑さへの「気づき」を呼びかける為の情報です。熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に発表されます。

環境省熱中症予防情報HPはこちら

自身の住む地域での暑さ指数等が確認できます。

「青森県防災航空隊と北部上北消防本部との合同訓練」について

管内の山間部等で傷病者が発生し、陸路で災害現場へ到着に時間を要する場合に対し、迅速で確実な救助活動体制並びに安全で円滑に運航できるよう連携強化の確立を目的として青森県防災航空隊と合同で、管内9名の消防隊員による投入訓練を実施し、防災ヘリの活動に理解を深めました。

しらかみ1 しらかみ2

しらかみ3 しらかみ4

しらかみ5 しらかみ6

 

 

 

 

 

 

「消防災害情報テレホンガイド」の利用について

「消防災害情報テレホンガイド」とは、野辺地町、横浜町、六ヶ所村において火災及び救助出動(救急車は除く)などの災害情報を、音声アナウンスにてお知らせするテレホンサービスです。

火災等の災害情報のお問い合わせにつきましては、「消防災害情報テレホンガイド」を、ご利用していただきますようよろしくお願いいたします。

また、消防車両が出動した直後は、「消防災害情報テレホンガイド」の利用が集中してつながりにくい場合もございますので、お時間をおいてからお掛け直しください。

 

【 消防災害情報テレホンガイド 】

 野辺地消防署  0175-64-9955

 横浜消防署   0175-76-1190

 六ヶ所消防署  0175-71-0066

平成30年度 管内救急業務外国語対応研修会

2020年東京五輪が開催されるにあたり、当消防本部管内に従来する外国人等の傷病者に対して、言語の障害を克服し、救急隊員の迅速的確な救急対応能力の向上に資することを目的とし、平成31年3月11日に六ヶ所村国際教育研修センターにて「平成30年度管内救急業務外国語対応研修会」を実施しました。

研修会では、六ヶ所村国際教育研修センターの講師3名が救急現場での聴取事項や注意点を英語と日本語を交えながら臨場感あふれる内容でわかりやすく指導をし、管内救急隊員20名が理解を深めました。

5 6 ②

① ④ ③

歩行型ロータリー除雪機による事故防止について

歩行型ロータリー除雪機による事故防止について情報提供がありましたのでお知らせします。

詳細については下記資料をご覧ください。

啓発資料

 

風車内での事故を想定した管内救助技術訓練を実施

管内における風力発電所での救助事案を想定し、風力発電所事業者と合同で訓練を実施することにより、相互の連携強化、実戦に即した消防活動技術の向上、高揚を図ることを目的に、平成30年10月2日にイオスエンジニアリング&サービス株式会社六ヶ所事業所トレーニングセンター及び六ヶ所村に設置の風車にて「平成30年度管内救助技術訓練」を実施しました。

訓練では、15名の職員が事業所職員7名と合同で、タワー内梯子からの救出方法、狭隘空間からの救出要領等の確認を行い技術向上に励みました。

IMG_4242 IMG_4243

IMG_4292 IMG_4304

IMG_4323 IMG_E1718

「平成29年度 管内救急技術訓練」を実施しました。

救急活動を取り巻く環境の変化や発展する医学に対応し、救急隊として求められる活動技術を種々の側面から検証し確認することによって、住民の安全安心を確保する最前線部隊としての救急活動技術を向上させることを目的とし、平成30年3月22日に当消防本部にて「平成29年度管内救急技術訓練」を実施しました。

訓練では、指導救命士を主体に、CPA・外傷・意識障害等、救急隊3名が連携して現場活動を実施。また、救急救命士資格取得2年未満の職員は、特定行為の要領・手順の確認を行い、管内救急隊員21名が救急技術の向上に励みました。

IMG_3444 IMG_3452

IMG_3455 IMG_3471

IMG_3478 IMG_3463

 

水難救助訓練を実施しました

平成30年1月25日、北部上北水難救助隊員は野辺地町旧フェリー埠頭で水難救助訓練を実施しました。

今回の訓練は、車が海に転落し要救助者が車内にいる状況を想定し、実際に車両を海に沈め、実戦的な訓練を行いました。当日の天候は雪、気温マイナス3度、水温3度という過酷な状況ですが、いつ発生するかわからない水難事故に迅速に対応する為、車両の検索、要救助者の救出等、野辺地消防署救助隊との連携を確認しました。

今回のような訓練は、野辺地町、横浜町、六ヶ所村の漁港などで毎月実施しています。今後も水難事故が発生した場合に、迅速に対応が出来るよう努めていきます。

 

CIMG9887CIMG9894

CIMG9897CIMG9952

CIMG9957 CIMG9960

1 / 212
このページの一番上へ