特別養護老人ホーム「野辺地ホーム」移譲先の決定について

1.民間移譲の目的

北部上北広域事務組合が運営している特別養護老人ホーム「野辺地ホーム」は、施設の建設から35年が経過し建物の老朽化が著しく、多額の修繕費用や建替えの建設費用が見込まれ、また、近年は、社会福祉法人による施設運営が進んでおり、行政による管理運営の必要性が薄れてきている現状がございます。

官民の適切な役割分担によるサービスのより一層の向上と効率的・効果運営を趣旨とする行財政改革を目指す観点から、平成30年度をもって公立施設としての野辺地ホームを廃止して、民間に移譲することといたしました。

民間移譲の方法につきましては、平成30年度の早い時期に公募により移譲する社会福祉法人を決定して、平成31年4月から既存施設を活用しての移譲法人による運営を開始して頂き、更に平成32年4月から移譲法人が野辺地ホームと公立野辺地病院介護療養型老人保健施設の入所者を対象とした、特別養護老人ホーム入所定員84人を野辺地町内に移転新築する社会福祉法人を募集致しました。

 

2.応募者の審査について

移譲先の公募の結果、1法人より応募がございましたので、当組合の「審査方法及び審査基準」に基づき「形式審査」及び「評点審査」を実施いたしました。

※ 「審査方法及び審査基準」

 

3.審査結果について

(1) 形式審査結果

特別養護老人ホーム「野辺地ホーム」民間移譲に係る公募要項に基づき、提出書類(企画提案書)、添付書類、提出部数等について上記のとおり審査した結果当該要項で求められている書類、内容、部数が全て提出されていることが認められた。

(2) 評点審査結果

合計点数 平均点数
768点 85.33点

 

4.移譲先法人の決定について

上記2.の審査等により次の法人が移譲先に決定いたしました。

 

法人名 社会福祉法人 吉幸会

代表者 理事長 上 山  貢

所在地 青森県三戸郡五戸町字苗代沢3番660

臨時職員の募集について

〇介護員・調理員

ハローワークに求人公開しておりますので、ハローワークで紹介を受けて応募ください。

このページの一番上へ