事業案内

介護老人福祉施設とは(特別養護老人ホーム)

食事や排泄など日常介護が必要で、自宅では介護が困難な要介護認定を受けられた方が入所されます。
食事・入浴・排泄など日常生活の介助、機能訓練、健康管理などが受けられます。

短期入所生活介護について

介護保険法に基づき短期入所生活介護、いわゆるショートステイサービスを実施しております。ご家族の病気・入院又は冠婚葬祭、介護負担の軽減、リフレッシュ、旅行等様々な理由でご家族で介護出来ない間施設に一時的に入所して頂きます。
入所期間は施設サービスと同様に提供させて頂きます。

要介護状態区分について

1.要介護認定申請の手続きの代行
2.要介護認定調査(町村委託)
3.介護ケアサービスの計画の作成(ケアプラン作成)
4.サービス事業所への利用申込み手続き代行
その他 介護についてのご相談は随時お受けしています。お気軽にお電話又はご来園下さい。

施設の概要

設置主体 北部上北広域事務組合
名称 特別養護老人ホーム「野辺地ホーム」
所在地 〒039-3124 青森県上北郡野辺地町字白岩40-1
電話番号 0175-64-1070
FAX 0175-64-1610
入所定員 50名(4人部屋12室、2人部屋1室 ※ベッド数50)
短期入所4名 (2人部屋2室)
敷地面積 7,422m2
建物面積 1,524m2
建物構造 鉄筋コンクリート平屋建
設備内容 全館冷暖房(夏冬季間快適な生活)
食堂(催場を兼ねる)厨房
居室 洋式トイレ・洗面台(水・湯)・空気清浄器付き
浴槽(一般浴槽・特殊浴槽)
ナースセンター医務室、静養室、介護員室、事務室、和室
面会室・機能回復訓練設備
開設 昭和57年4月1日

施設配置図

野辺地ホーム配置図

 

 

利用申込み及び利用料金について

区分 金額
介護保険施設サービス費(Ⅱ)「多床室」 要介護1 日額 5,570円
要介護2 日額 6,250円
要介護3 日額 6,950円
要介護4 日額 7,630円
要介護5 日額 8,290円
加算
日常生活継続加算 1日につき 360円
看護体制加算Ⅰ 1日につき 60円
看護体制加算Ⅱ 1日につき 130円
栄養マネジメント加算 1日につき 140円
福祉施設口腔機能維持管理体制加算 1ヵ月につき 300円
施設処遇改善加算 (サービス費+加算)×3.3%
外泊時費用(注) 1日につき 2,460円
初期加算 1日につき 300円
療養食加算 1食につき 60円
口腔衛生管理加算 1ヵ月につき 900円
(月2回実施した際に算定)
※サービス費に係る自己負担額は、上記金額の1割負担となるが個人により異なる場合がある。
居住費(光熱水費)
第1段階(生活保護受給者) 0円
第2段階~第4段階 1日につき 370円
基準費用額 1日につき 370円
食費
第1段階(生活保護受給者) 1日 300円
第2段階(年金80万円以下) 1日 390円
第3段階(町民税非課税世帯で上記以外の方) 1日 650円
第4段階(町民税課税世帯) 1日 1,380円
基準費用額 1日 1,380円
日常生活費
(1) おむつ・・・無償
(2) 化粧品、シャンプー、タオル等の日用品費は一律提供するが、利用者が選定するものは実費とする。
(3) その他私物の洗濯代・・・実費
教養娯楽費
(1) 活動の材料費 0円
(2) 行事の材料費 0円
理容美容代 理容奉仕会に直接支払う(1回につき 1,500円)
健康管理費 インフルエンザ予防接種費用・・・実費
出納管理費 1ヵ月 1,000円

注)外泊時加算は、外泊期間の初日と最終日を除いた日について、介護保険施設サービス費の負担に代えて負担する。

職員数

職種 員数 職務内容
常勤(人) 非常勤(人) 常勤換算(人)
施設長 1 1 施設の業務を総括管理する。
医師(嘱託医) 1 0.1
看護職員 3  0.5 3.5
●看護師 1 1 施設の命を受け、看護の業務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。
●准看護師 2  0.5 2.5 医師の診療補助並びに利用者の保健衛生管理及び日常生活の援助に従事する。
介護職員 19 19
●介護主任 3 3 施設長、所属長の命を受け、係り業務を処理する。
●介護員 16 16 利用者の日常生活の援助に従事する。
介護支援専門員 1 1 施設サービス計画の作成等に従事する。
生活相談員 1 1 利用者及び家族の相談に応じ必要な助言その他の援助を行う。
管理栄養士 1 1 適切な栄養指導を行い、食品及び衛生管理に努め、調理員を指導監督する。
調理員 5 5 食品衛生に留意し、調理業務に従事する。
事務職員等 1 1 庶務及び会計並びに営繕業務等に従事する。

基本理念

  1. 個人としての人権、人としての尊厳を保って生活できるサービスを提供します。
  2. 自分自身の力を生かし、生活できるよう自立支援のサービスを提供します。
  3. 社会に参画し、家族と連携及び地域交流が円滑に営まれるようなサービスを提供します。

基本方針

  1. 長年にわたり社会の発展に貢献してこられた方々に、尊敬の念と愛情を持って接します。
  2. プライバシーの保護、人権の尊重、自立のための支援を行い、安心して生活できる環境を提供します。
  3. 「目配り」「気配り」「心配り」をモットーに、信頼関係を大切にします。
  4. 職員は、プロフェッショナルとして研鑽に励み、知識・技術の向上に努めます。
  5. 地域社会との交流を大切にし、ボランティア・慰問など、積極的に受け入れます。
このページの一番上へ